時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

ナニワの金融道三宅律子の運命を変えた原因はなんだったのか研究中

スポンサーリンク

ナニワの金融道の登場人物の中に三宅律子という自分の彼氏の借金448万を自らが立て替え、高い時給のお仕事をするハメになったのだろうか?


三宅律子には背口光男という働き者彼氏がいるのだが、この彼氏が元社長の保証人なってしまったことが一番の原因だ。

灰原が新規開拓のためにキケン運輸の赤名久吉に電話をしたことが三宅律子の運命を大きく変えてしまう

現実の世界でも自分から離れたところで自分の知らない間に物語が始まっている。

会社、家族、友人、他人、やはり自分にとっていい事、悪いことを運んでくるのは人間がほとんど、たまにカラスがフンを落とすこともあるかもしれないけど

もし天から自分にとっての災難が始まる場の
瞬間の芽を俯瞰してみれたら発狂ものだと思わないだろうか❓

何やっとんねん❗️こいつらああぁぁ〜と

赤名久吉は三宅律子の彼氏、背口光男の元勤めていた会社の社長だ。

灰原が個人情報を照会してみるとサラ金300万、奥さんはスナック勤務、返済はしてるけど、つまんだ経験あり従業員の盆庫馬之助(ボンクラウマノスケ)も五社から200万借りており

灰原は貸せないと判断して断りをいれると赤名久吉は、ええ保証人がいると灰原に伝え

三宅律子の彼氏、背口光男を保証人になってもらうため口説きに行く

ノウハウを教えたから独立できたんやろと言い恩もあり断り切れない背口を説得して保証人になることを了解させた。

灰原が背口に会いもう少し詳しく独立の経緯の話しを聞かせてもらうと妹を短大に行かせるため独立しょうとするも赤名が引き止められたが

結局、赤名は自分の仕事の下請けになってそこから仕事をした2割を自分の取り分と持ちかけられ背口も納得応じるも実際は3割のピンハネだった。


それでも背口の会社、南アルプスは従業員も4人増えてき順調に業績を伸ばしており

帝国金融の社長も真面目に働くヤツは担保がなくても貸してももええと言うことで

灰原が背口に保証人を条件に赤名のキケン運輸との下請けを辞めるように勧めて

背口が赤名に下請けを辞めることが条件という話して、赤名も納得して保証人になったのだが結局、赤名久吉は一円も返済せず背口が仕事をした分の36万5千円も払わず逃げた。

背口は赤名の残った帝国金融からの借金1年8カ月分の560万を分割で支払うことになってしまう。

そのときに一回でも不渡りを出したら全額返済と契約書に書いており

それを待ってもらうため背口の妹と三宅律子が保証人になることで自ら言い出し一回目の支払い金28万をいれる。


ここから三宅律子の悲劇が始まる

背口が仕事中に部下と家具屋でタンスを運んでいるときに置いてあったタンスに、従業員の背中がぶつかり上に重ねて置かれていたタンスが衝撃で落ちてきて背口が足を折り入院することになってしまったのだ。

残された4人の従業員で仕事を回すも客からクレームはだらけ結局、運転手2人は辞めて行った。

「大将の穴はワシら4人で埋めますから」と言っておきながらこのありさま

他人の言葉、意気込み、約束など軽い軽い、信用しすぎたら痛めに合うのは自分だ。

辛さに負ける、追い込まれたら誰だって最後は自分がかわいい、他人がどうなろうと迷惑かけてすいません社長 ほな さいならである。

ちなみに辞めた1人は背口のケガの原因を作った従業員だ。

だが 三宅律子は惚れた男のため身を削った❗️

4回返済をして残り448万のところで今月分が払えなくなり帝国金融に三宅律子が相談にいくと

灰原の上司でお馴染みの桑田が保証人になっている三宅律子と背口の妹をお高い時給のお仕事を知り合いのスナックのママ経由で紹介しょうとする。

スナックのママが2人に話しをするも背口の妹は泣きべそをかき嫌がる中

三宅律子はOKして店に連れて行かれる。

店の支配人は長い人生で448万などたいした金やないと言って心変わりしないようにワザと一度追い返す。悪どく回りくどいやり方だぁ。

そしてスナックのママが外で現状置かれてる立場チラつかせて、女の度胸に火がつき三宅律子はまた店に向かう

それから448万を持ってビルから出て来た三宅律子、最初は自分でお金を渡すのを嫌がり桑田に頼むもツパネられる。

仕方なく病院に行き自分で背口に渡し、背口が帝国金融に全額返済して借金はなくなる。

背口も最初は448万を誰から借りたんや❗️と疑うも三宅律子にスナックで借りたとウソを言われ

俺の目を見てもう一度言えるかと問い詰めるも

三宅律子は目を見てハッキリとスナックで借りたと言った。

背口は疑問に思いながらもお金を受け取りありがとうと礼をいい帝国金融に全額返済する。

三宅律子は最初のお勤めをしに灰原と桑田の同行のもと店に向かう

三宅律子は初のお勤めを終え掃除しながら涙する。

恋人のためにここまで出来る女はどれたけいるだろうか?

三宅律子は本当にすごい❗️ここまで尽くす女は現代社会にはなかなかおりまへん 

ある意味、背口がとても羨ましく思える。

背口はいい女を捕まえただが、すべては背口の人の良さが招いたことだ。

背口光男の責任だ❗️

赤名に保証人と頼まれたときにキッパリと断れる決断力が、背口にあれば三宅律子はお高い時給のお仕事をせず会社の事務員として背口を支え働けていたのだろう

運命の歯車が狂ってしまい自分の想像もしていないところに導かれ、お金がない人間の現実を味わされてしまった三宅律子

灰原は自分がした行動がこんな結果に三宅律子をしてしまったと涙する。

いや〜出会う人間 自分の回りの人間で面倒事が舞い込んでくる負の運び屋の側面を人間は持っているのではないだろうかと思う今日この頃、ぼくは痛感して思ってしまっているのだけども

他人は自分が得しようと利己的に動いてくるからこそ、関わるとお金や時間を奪うため、戦争を仕掛けてくる生き物ではないだろうかと考えてしまう


灰原に三宅律子は返済が終わるまでは頑張りますからと伝えた。

何も知らない背口がこのことを知ったら自分のした行動を悔い拳を叩きつけ涙するのだろうか❗️

 

www.time12345678.com

 







スポンサーリンク