時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

60万は入った財布とクレジットカードの枠60万一枚を落としたとしたらどちらが不正利用される確率が高いのか考察中

スポンサーリンク

財布の中にお金を入れて持ち歩くということは常に落とすリスクが小さくともあるということになるのではないだろうか。

 例えば銀行ATMからお金を下ろしてその途中でお金を落とした場合戻ってくる可能性はどれぐらいあるのだろうか、僕の感覚では3割戻ってこればいいほうだと思っている。

3年前になるが朝、公園でベンチに座っていたその当時長財布を持っていたのだが財布の中には3万円が入っていた。

公園から離れコンビニ酔った時ポケットに手を当てると財布がないことに気づいた。

慌てて先ほどいた公園のベンチに戻ったのだがすでに財布はなかったのだが、。この間時間にして10分足らずのことである。

長財布だったために座ってる最中にポケットから押し出されたのだろう

その後交番に行き、届けを出した。おまわりさんは私は「最高150万の拾得物を受理したことがある」と励ましの言葉だった投げかけたつもりだった思うが結局は戻ってこなかった。

財布の中にお金だけでは無くもちろん銀行のキャッシュカード、クレジットカード、運転免許書などもありそれらすべてを再発行した。キャッシュカードが再発行費用1050円くらいで運転免許証が3000円くらいだったと思う。

もう一つクレジットカードを落とした時、僕は一一昨年、夜の2時間だけアルバイトをしていた時がある。

 

www.time12345678.com

 

そのとき服装はジャージだけだった財布を持って行くのが面倒だったのでポケットにビューカードだけ1枚入れて仕事に向かっていた。

仕事が深夜に終わると途中のミニストップで買い物をして帰るのが日課だった。

ある日こと家に帰るとクレジットカードがないことに気づいた!

コンビニで買い物をした時にはあったのでその途中に落としたのは間違いなかった。次の日にクレジット会社に電話をして利用を停止してもらいついでに再発行手続きもしてもらった再発行の費用は500円。中にはチャージされたスイカとクレジット枠60万があったが全くの無傷だった。

もう一つ昔話をするが今から15年以上前になるか僕は人生のどん底付近にいた。ある店で働いたが住む家がなかったのでサウナに泊まっていた。住む家はなかったが手元には60万の現金があった。(以前の会社をやめて寮を出て繋ぎのつもりで働いていた)

話が長くなるので簡単に説明するがその当時、キャッシュカードを持っていなかったそのために現金60万を財布にチェーンをつけて持ち歩いていた。

半年間だけだったが働いていたのは新宿歌舞伎町

サウナから夜に仕事に向かう時にその途中のコインロッカーにカバンとその中に60万の入った財布をコインロッカー入れて仕事に向かっていた。

その店では現金を扱うために財布を店に預けなければいけない決まりになっており60万の入った財布を店の人間に預けるのは嫌だったためコインロッカーに預けていたのだ。

ある日、店の店長にクビを言い渡された。仕事自体が向いていなかったのとそもそもつなぎだと思っていたので現金もあることだし「別にいいやぁ」とは思っていたが、自分が動揺していたことをこの後気づかされる。

店を出てコインロッカーに向かった。
コインロッカーを開けて中をみると中は空っぽだった。

僕はびっくりした全財産の60万の入ったカバンがないのだ。慌ててコインロッカーの上にある管理会社の番号に電話をした。

管理会社のおじさんが来て事情を説明した。

その時( ̄0 ̄;アッ思い隣のロッカーの鍵を回したガチャッという音とともに中を開けるとカバンが出てきた。

要するに、ポケットからコインロッカーの鍵をだして差し込んだはいいが何を考えていたのか隣の空っぽのコインロッカーを開けていたのだ。

とんだ間抜け野郎である。

管理会社のおじさんは一応盗まれたものがないか調べるため事務所で確認してほしいということだった。おじさんもかばんの中から現金60万が出てきたのにはびっくりしていた。

僕は60万が無事で本当によかったですとおじさんにお礼を言った。

もしコインロッカーを少しでも離れていたらカバンごと取られていたかもしれないと思うとぞっとする。

60万は大金だからね¥一日一万使っても60日いきれるから

結局何が言いたいのかというとクレジットカードは不正利用されるのが怖いと言う人がいるが自分に過失がなければ保険が適用され、不正利用された金額を自らが払う必要はない。

クレジットのカードの場合不正利用するには現金に比べてハードルがものすごく高い

クレジットカードを使える店には防犯カメラが付いている店が多い、防犯カメラがついてない個人の店でも不正利用した足跡は残る。ネットで不正利用されたとしても自分が利用したものではないことを証明するアリバイを提示するのは比較的簡単なのではないだろうか。

これが現金でサイフを落とした場合拾って財布から中身を抜きとり財布を捨ててしまえばもう見つけるのは困難だ。

クレジットカードより財布に現金を持ち歩く方がリスクが高い

道にクレジットカード1枚と3万円の入った財布一つ落ちていたとしてどちらが戻ってこないか不正利用されるか❓

答えは明白ではないだろうか!

おしまいチャンチャン

スポンサーリンク