時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

ここ二年間でパナソニックの商品を立て続けに6つ買ってみたが二番目に役に立っているのは衣類スチーマ短時間でシワがとれるから便利

スポンサーリンク

服のシワをとるためにアイロンを買ってみようと思ったのだがアイロン台を置いてアイロンに水を入れてそんな下準備がとてもめんどくさくもっと手軽にアイロンをかけれる製品はないかと思っていた。

そんな時にネットを見ていて目に止まったのが衣類スチーマだった。

クリーニングに出しお金も払いとしても当日にできる事は少ない次の日などに取りに行く、冠婚葬祭のスーツであればそれでいいのかもしれない

普段着るTシャツやワイシャツなど遊びに出かける時にわざわざアイロンを何回もかける。クリーニングに出しお金を払うこれはすごく無駄なことではないかと僕は思っていた。そんなとき見つけたのがパナソニックの衣類スチーマーなんだか小さくて簡単そうだなそれが最初のイメージをだった。

そしてたまたまではあるがパナソニックの衣類スチーマでコンパクトでなかいいではないか早速、YouTubeで衣類スチーマなるものを見てみるとCMがやっていた。

確かに出掛けの寝起きすぐに遅刻しそうと焦る人がシャツをみてみるとシワが寄っているそこで衣類スチーマを使い問題解決というような物語だったと思うがこれがほんとに実現できるのであればそれはいい、これならTシャツにハンガーにかけながら直接に角度を変えて四方八方スチームかけてシワが取れるならこれほどいいものはないと思った。

ただ1つ疑問に思ったのは本当にこのテレビのCMのようにちゃんとシワがとれるのかということだ。

誰でも思うことだと思うが買ってみて使ってみて結局全く使い物にならずお金を損したくはない

だからこそみんなレビューなどを見て一生懸命調べて損をしないようにすると思うのだけども、結局最後の最後は買ってみないとわからない

僕が日頃から思っていたことなのだけども例えば洗濯をしてコインランドリーに服をかわかしに行くそんとき乾燥機から服を出してたたんでいる人がいるがシワはとれていないはずだ。

ぼくはたたまずに家に帰ってからたたむことようにしているもしくはハンガーに吊るしてしまうそうするとそのまままシワのことはめんどくさいこともあり忘れてしまう

仕事なり遊びなりに行く時にTシャツなりワイシャツを見てシワがすごいことに気づいた。または時間に追われ背中のシワに気づかなかった。

 

前に一度、同級生と夜の居酒屋に行った時の帰りの階段で「お前のシャツ、シワがすごいよぞ!なんだそれ汚いぞ!」と言われたことがありそのときショックを受けた。

同級生だから汚いと直球でものを言ってくるのだが、しかしそれを言ってくれたおかげで僕はすごく服のシワを気にするようになった。

周りの人間も気にしてはいないと誰も自分のことなんか見てないと思うけどもやはり誰しもが自意識過剰な面があるやはり気になる。気にはなるが時間がないから仕方がなくそれをつけていく

朝の出かけの30分にアイロン台を置いてアイロンに水を入れ温めてよっこらしょと座りそこからアイロンをきれいにかけるこんな時間の余裕があるだろうか。

まぁもしかしたらアイロンは10分位で終わるのかもしれないが後片付けなどいろんなものに対して時間がかかるそれでは遅刻してしまう。

まぁはっきり言ってアイロンのようにきっちり服が仕上がると思ってなかったし、ましてやクリーニング屋に持っていくようにきっちりときれいになるとも思ってなかった。

そんなにはならなくていいからとりあえずシワがなくなりきれいに見えてくれるのであればそれだけで十分だと思っていた。

僕は衣類スチーマーを買う決心がついた。ビックカメラに行き8,000円切る位の値段だったと思うが衣類スチーマーを買ってみた。

そして家に帰り衣類スチーマのフタを開け水を入れてみた。まず第一印象は実際に水を入れボタンを押しても、写真に出てくるようにはっきりとまではスチームは見えなかった。

シューという音が鳴ってきてようやくスチームが出てきた。それをTシャツに当てて見るとシワが取れてくる。もっと良い方法は無いかとさらにスチームを近づけて片手でTシャツ引っ張って伸ばしてみるとシワの部分が取れてくるのだ僕はこれに感動しやったーよかったよかったと思った。

これぐらいシワでとれてくれるなら十分だと思った。水を入れて30秒で立ち上がると書いてあったがその通りでそして4分間ずっとスチームを出してくれる。

スチームは目に見える時もあるが目に見えない時がもある。箱には「室温や部屋の明るさによりスチームが見えにくいことがあります」と書いてある。

そのほかには気になるニオイを脱臭(タバコ、汗、飲食臭、防虫剤)大切な衣類に(除菌、ダニ由来アレル物質対策、花粉アレル物質対策)などと書いてある。

アイロンのようにアイロン板を使いきっちりと掛けたとまではいかないしクリーニング屋のようにまるで服屋に売ってるいるかように折りたたまれてそこまできれいになるわけでもない

あくまでこの商品は短時間ですごく目立つシワを目立たなくしてくれる商品だ。

 

僕はパナソニックの商品をここ2年で6つ立て続けに買っているがその中で2番目に役に立っているのはこの衣類スチーマで出かける前の4分で洋服のシワが目立たない程度にきれいにとってくれる。

出かけなければいけない状況になったときにいちいちアイロン板を出してアイロンをかける。そこまでやりたくないからそのままでかけるとやはり人はよく見ているもので服を見て「あ~この人はすごいな背中のシワすごいなぁ部屋も汚いんだろうなぁすごくだらしないんだろうなぁ」と思われてしまう。

確かにその通りなのかもしれないが、やはり人間は装う生き物でありのままの自分を見て欲しいと言う気持ちもあるがありのままの自分を見て欲しくないと見せたくないと気持ちもあるだろう

その短時間残り少ないく少なく限られた時間の中で4分間でさっとシワがなくなる完璧では無いにしても人から見られて「シワなんて全くないよ」と思われてしまえばそれは完璧と言うことなのだ。

100%を求めるわけにはいかない、なぜなら例えば電車に乗って座っていて寝てしまいシワがつくあるいは喫茶店でもなんでもよいのだが結局のところ全くシワがつかずに1日過ごすことができないのだ。

例えば家から出るときにシワが0%として家に帰って服を脱げば40%シワがついてる。これがもし40%の状態で家を出た場合、家に帰った時はもう80%みたいな感じになっているわけだ。

これが友人知人に見られたら「お前もうちょっと清潔感出してきっちりしろよ!」とまで言われるしまうのではないか

「朝優しく自分のことを起こしてくれて、顔を洗って歯磨きをしているときにすごく健康的な朝食を作ってくれて着替えも手伝ってくれて、毎日のようにまるでプロのようにきれいにアイロンをかけてくれる奥さんや彼女がいて玄関でほっぺにちゅーして愛してるわよーダーリンいってらっしゃい」なんてこんなアニメに出てくるような奥さんや彼女をお持ちな幸せな方に全くこのような商品は必要ないと思う逆もしかりだ。

ネットを見るとアイロンなしで服のシワが伸ばせる裏技みたいなのがあって見てみたが霧吹き、扇風機、お湯で濡らしたタオル、ドライヤー、ヘアアイロンどれもめんどくさいし時間がかかりそうこんなことするなら衣類スチーマを買ったほうが手っ取り早いと思う。

 

 

www.time12345678.com

 

 

スポンサーリンク