時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

ビューカード ビューサンクスポイントが5千ポイント貯まったからルミネ商品16000円分に代えるよ!

スポンサーリンク

ビューカードの今月の支払いは41000円(端数切捨て)だった。

雨の日も風の日もポチポチポチしていたビューカードのビューサンクスポイントがようやく今月の15日で5300ポイント貯まった。

1年1ヶ月かかったが、去年は4月2ルミネ商品券にポイントを変えて一年で達成できたので、使う金額が少なくなったことが、良いことなのかどうかわからないが、おととしよりかは使う金額が若干減ったということになる。

f:id:qtime:20180418052700j:plain

f:id:qtime:20180418052528j:plain

ビューサンクスポイント知らない人に簡単に説明すると コンビニや飲食店で Suica を使うと1000円につき2ポイント(5円相当)ポイントが付与されて JR や他の電鉄でも何でも良いのだが Suica にチャージすると1000円につき6ポイント(15相当)貯まるのだ。

貯まったポイントは1000円から Suica にチャージして電車賃などにも使えるのだけどもぼくはそこを我慢して5000ポイントまで貯めるのだが、なぜかと言うとまず送料で160ポイント送料がかかるので1250ポイントだと還元率が悪くなるがまずひとつ


ルミネ商品券が同じグループ会社だからなのか分からないけども、還元率が一番良くて通常約13000円分の商品券交換ポイント対して16000円分ぐらいの還元率でルミネカードがもらえるからだ。

 

ビューカードのいいところは Suica にチャージするとポイントが6ポイントついて、さらにコンビニやスイカが使えるところで使用するとさらに2ポイントつくいわゆる二重取りというやつだ。


そして僕が一番ビューカードがいいなと思っているのは、これはおそらくネットやクレジットカードの雑誌にが絶対に宣伝しないことだと思うのだけれども

日本国内のクレジット会社でこんなクレジット会社はビューカードしかないサービスがあって例えば駅構内でコーラ130円を Suica で購入した。

そしてそれを家に帰ってきてインターネットから Suica のチャージ分、ビューカードの場合はネットからボーナス一括払いにできる。(他社のクレジット会社にはぼくの知るかぎり二回ばらにするのもすべて電話)

Suicaで買ったコーラ130円はチャージした Suica から支払ったものなので、単品の商品をボーナス一括払いにするには通常は1万円以上じゃないとできない

ところが1万円分の Suica をチャージした場合はあくまでコーラは Suica のチャージ分に含まれている商品なのでボーナス一括払いができるのだ。

まあ、これは賛否両論があって僕なんかは「給料なんかも貰うものはできるだけ早く、払うものはできるだけ遅く、全部日払いで払うものはボーナス一括払いがいい、日銭商売最強」と思っている人間でこれを言うと「そりゃそうだけどさ」で言う反応が返ってくるんだよね。

「借金だろ」 「使いすぎるだろ」ということなのだと思うが

でもね、世界で一番金を持っている Amazon のジェフベゾスがキャッシュフローの最大化って言ってるように、世界で一番金持ってるくせに自分の会社では支払いサイクルを他社よりか圧倒的に遅くしているんだよね。

確か90日サイクルぐらい手元に現金を残してそれを投資に回していく

前に何かで見たのだけども、クレジットカードの利用者の方が貯金が多いかなにかだったと思うのだが、あれは現金払いをする人間っていうのは手元にお金がなくなるがクレジットカード払いの人間は手元に現金が残っている。

で、手元に残った現金を使って例えば株式投資をしてみたりその金を使ってサラリーマンをしながら

例えば、ヤフオクで転売してみたりして、そうやってお金をどんどん投資に回して増やして行ってるからだと思うんだよね。

まあ言いたいことが随分変わってしまったが ビューサンクスポイントを貯めている方は一度ルミネ商品券、約13000円分のポイントで16000円分もらえるか良いですよ

ただ、去年のルミネ商品券まだ1000円分が残ってるんだけども、となり街にルミネはあるけど何か買いたいっていうわけでもないんだよね。

 JR 使う人でスイカを持ってる人はビューカードを持っていて損することはまずないので使ってみるのもいいと思います。

ぼくがちなみに今までで貯めたのは JR の電車、すき家、松屋、大戸屋、コンビ二、その他、本当に東京ではスイカはすごく便利でどんどんどんどん使えるところが増えている。

増えているということはそれだけお客さんがスイカを使い始めているからその重要性を他社も見逃せないてことだよね。

 

www.time12345678.com

 

 

www.time12345678.com

 

 

www.time12345678.com

 

スポンサーリンク