時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

キングダム完全包囲は脱出したけど楊端和はどうやって超軍と犬族を蹴散らすの?遼陽城に援軍ですでに落としてるとか?考察中

スポンサーリンク

背後には崖で 超軍と犬族に完全包囲されてしまった楊端和と山の民

 

f:id:qtime:20180821221407p:plain

僕はてっきり逆に 王翦軍か桓騎が駆けつけて挟み撃ちにするのかなと思っていたらあの完全包囲を脱出していってしまった。

 

挟み撃ちしかないと思っていたけども挟み撃ちするには数的に無理があったということだろう

この完全包囲は抜けることはできないだろうと思っていたのだが、凄すぎるバジオウの戦闘力と 有能なのか無能なのかわからない公孫龍の戦闘力のなさによって 楊端和は脱出できた。

中には「あの完全包囲を抜けるなどありえん!」と思ってる方もいらっしゃるかもしれない

だがあえて言わせていただくありえると

キングダムは歴史ものといえど漫画なのだ!

ボロボロの山の民とは違いピカピカツヤツヤだった 楊端和

あの力強い言葉から何か策を秘めていると思いきや出てきたのは強行突破でバジオウ頼み

王騎が李牧にやられたときとシチュエーションが全く同じだが王騎は完全包囲を突破はできたが生き残ることはできなかった。

楊端和も突破した。それも策もなく強行突破で、そして間違いなく生き残り後に超軍を滅ぼす戦で大活躍するだろう

あの秦の怪鳥と言われた王騎ですらできなかったことを李朴がいなかったとはいえ趙軍の完全包囲を突破したのだ。

さすが山界の王 楊端和様

f:id:qtime:20180821221647p:plain

山界の王として君臨する楊端和が 秦の一将軍の 王翦の下で前線を張りボロボロになりながら危機的状況に陥っているこの状況もまた凄まじい

やはり歴史ものということで、現実よりなものの見方をしてしまうことから山の民がほとんどやられ弱体化してしまったら、

国力が弱まり今後の物語に影響する。追い込まれたとはいえ結構な数の山の民が生き残るとは思っていたのだが、ここまで追い込まれるとは想像できなかった。

 

秦はいつもなぜだかわからないが数的不利な状況で毎度のように劣勢だ。

 

毎度ピンチはお決まりであり、いま楊端和とバジオウが崖から飛び降りたが、あれも僕が惰性で読んでるゴラクの銀河伝説のオリオンのシーンにもあったが濁流に飲まれても助かるパターンだと思う。

たしか王翦は「負ける戦はしない」はずだったと思うが麻鉱を皮切りに、亜光、楊端和と散々目にあわされどの戦いも本軍を窮地に陥れても仕方がない状況まで追い込まれている。
 
ぼくは王翦の戦略的圧勝を見てみたいだが‼

さて助かったとして楊端和はこれからどうやって超軍と 犬族を蹴散らして兵糧を手に入れるのか?

楊端和とバジオウの軍は壊滅状態でてんでんばらばらでフィーゴ王の兵も相当数やられている。

残るは壁の軍だけど仮に城を落とすことができたとして帰ってきた超軍と 犬族に蹴散らされてしまうのではないだろうか。

あの兵力では城を取ったから勝ちとはならないだろう

やはり、楊端和は戦が始まる前にエンポじいに何か頼んでいたので明らかに敵の主軸を城からだし、仮に挟み撃ちの作戦を舜水樹が見破ったとしてもいいようにエンポじいに第二の作戦を伝えたのではないだろうか。

 

そして実際に 舜水樹に見破られ楊端和が思っていたよりも山の民の被害は大きかたと思うが山の民に日の出に集合する場所も伝えているので

 

おそらく遼陽城だと思うが集まった時に帰ってきた舜水樹の目が大きく開き驚くような展開になるのではないかと僕は思っている。

その展開の予想、やはり今の山の民の兵力だけで占拠したところであっさりとやられてしまうと思うので秦の援軍、桓騎が城を占拠しているあるいは羌瘣とか、とにかく援軍という展開になるのではないかと僕は思っている。

それ以外で、今の状況を打開するには超軍と 犬族が帰ってきた時に例えば地下道に仕掛けをして人口災害を起こして全軍を穴に落とすとかしか僕は想像できないのだが現実的ではないと思う。

エンポじいだけマントを翻して遼陽城の捕虜と一緒になって超軍と 犬族を迎え撃ち後から来た楊端和が挟み撃ちという展開はさすがにないとは思うが果たしてどうなるのだろうか。

まさか、楊端和が捕まるなんていう展開はないと思うがもしそんな展開が用意されていたら激アツ 非常に興味深いことだ!

 

 

www.time12345678.com

 

スポンサーリンク