時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

免許更新に府中試験場に行ったらシステム障害でかなり待たされた。更新ハガキ持って来てない人は帰らされてたよ

スポンサーリンク

免許の更新のハガキが来たので更新するために今日府中試験状に向かった。

ぼくは優良ゴールドカードということで最寄りの警察署でも免許の更新ができるようなのだが、平日しか受け付けておらず散歩がってら府中試験場に行くことにしたのがその決断が大失敗だ。

着いたと同時に建物の外は長蛇の列

本日はシステム障害のため更新ハガキをお持ちでない方は免許の更新はできません。免許を当日お渡し出来ない可能性があります。

ニュアンス的にはこんな感じ (๑•ૅㅁ•๑)しまった来る日を間違えた。

府中試験場ののバカヤロウ

更新ハガキがなくても免許の更新ができるとネットなどの書いてあるがレアケースもあることを知っていただきたい

ぼくは前日に更新のハガキが見つからずネットで調べたときに更新のハガキが無くても更新できると書いてあったのでないまま行こうとしたら偶然みつけたので事なき得た。

免許を取るときに学科で習ったとおもうが更新ハガキなしも
原則と例外ありだ。

長蛇の列に並び真ん中辺りであること気づいた。

お金を下ろすのを忘れて更新手数料3000円が財布の中に入ってないことを

二回お金を数えてたが2600円しかない(๑•ૅㅁ•๑)あと400円の壁は厚い、試験場の中にはATMがないことをぼくは知っていた。

3年くらい前に財布を落としてしまい中に入っていた三万と一緒に銀行キャッシュカード、クレジットカード、そして運転免許書を落としたときに試験場で再交付したときも更新手数料のお金を財布の中に入れておらず近くのファミマに下ろしに行ったからだ。

財布を落としてからというもの現金を財布にあまり入れないようにしてほとんどをビューカードのクレジットカードとSuicaで支払いをしているので現金を財布に入れてないことが日常増えてきた。

今回も前日に福沢諭吉をATMに預けて二千円だけ財布に入れていたのだがそのことをすっかり忘れていた。


長蛇の列の中に並んでもお金がないので再度並ばないといけないのでもう後日にして帰ろうかと迷っていたところおまわりさんがたまたま通ったので聞いてみると

更新の申請用紙だけ先に書いてそのあとにお金を下ろしに行かれとよいと思います。

と言われたので、そのまま長蛇の列に並んで申請用紙を書きファミマに行き、ATMでお金下ろし視力検査を受けて府中試験場に行ったことがある方ならわかると思うが地下の食堂に回されてみるとまた長蛇の列だ。

階段の降りたところに長蛇の列の今から上に上がる先頭の列が待機しているのだがぐーると回って先頭に辿り着くまで一時間以上かかると思った。

地下は電波が届かないのでいま現在この文章を書いて暇つぶししている。

10時に来ていま現在12時19分でようやく地下の先頭までたどり着き、いま一時間ぶりに一階に戻って来たがまたまた長蛇の列のだ。(๑•ૅㅁ•๑)帰るの4時とかになるのかもしれない3番と4番窓口の長蛇の列を見るとどんだけかかるんだよという状態だ。

それから数時間後・・・

結局、写真を撮って30分の講習を受けて13:39に終了して3時間半かかった。


人の多くて集まる日はアクシデントが起こりやすく、人が多く集まるところは小競り合いも発生しやすい

できれば平日に行くのがいいよ


ぼくはよく交番の掲示板の昨日一日の都内の事故数をみるのだけど、だいたい80〜180件くらい事故が起きている感じ中央値が感覚で130件くらいではないかと思っている

ぼくは普段はおおざっぱだが車を乗るときだけは慎重で舐めていない

それは自分がおおざっぱで注意力がないことを自覚していてヤラカシてしまいそうだからだ。

あと子供の頃に脇道から出てきた車に引かれせうになり車の下に潜る形になったことがありその影響なのか車が好きではない

夏の車の中の香水のような生暖かいニオイのする車が子供の頃大嫌いで吐きそうになることもしばしばあった。

脇道からスピードを出してきて徐行もせず歩行者がいたら停止線で止まるという運転手をみるとイラッとする。

おまえは止まれることはわかっていても歩行者はそのスピードで来られたら止まるのか止まらないのかわからないだろと思っている

とんだアクシデントに見舞われたがゴールドカードなので平成35年までは更新とはオサラバだ(๑•ૅㅁ•๑)やったね♪

f:id:qtime:20171119162021j:plain

スポンサーリンク