時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

dynabook B654に搭載した中華SSDが壊れた(; ・`д・´)…ゴクリのでSamsung 860EVOに交換した。起動10秒!

スポンサーリンク

 以前、dynabook B654を購入してもらった方から「パソコンが映らなくなってしまいました。おそらくSSDが壊れた。」と連絡が!

壊れたのはぼくのせいではなく中華メーカーの作りせいなんです(; ・`д・´)…ゴクリ

ということで「修理費用はおいくらですか」と聞かれたけど今回は無償交換することに

自分が売ったパソコンを使いその人が商品を売り経済が回る。

社会貢献もたまにはイメージしてやってみるもんだ! なんちゃって

壊れた中華のSSD240GBからの交換SSD

おススメは個人的にSamsung SSD 500GB 860EVOと伝えSSDの費用だけ頂いた。

 

もし自分でできないヤバイ故障ならシステムエンジニアをしている師匠に相談しようと思っていたけどやはり中華ちゃんSSDが壊れていた。

経験は少ないがSSDが一年で壊れるのに遭遇するのは今回が初めて

 f:id:qtime:20191029172008j:plain

第四世代CPU Intel Core i5 4300Mを搭載 

富士通 A574/H、dynabook R734/K 、Lenovo ThinkPad L540M dell latitude e6540、NEC VersaPro VK26Mなどと同じCPU

 形がB554とそっくりだけど、違いはフルHDの1920×1080なので液晶がとても綺麗

 

フルHDとは、デジタルテレビ放送の規格のうち、走査線が1080p以上、または解像度が1920×1080ドット以上のものを指す語である。 フルハイビジョンとも呼ばれる。

f:id:qtime:20191029175515j:plain

壊れた中華ちゃんのSSⅮからSamsung SSD 500GB 860EVOに換装、そのときの購入金額7051円、つい最近まで8000円していたので1000円安くなった。

この一年かなりSSDの価格をみているけど各メーカー上げたり下げたりとSSDの価格変動は激しい

 

f:id:qtime:20191029180542j:plain

RAPIDモードを有効にしたときのベンチマーク、860EVOは50台以上換装しているけど6000台出すのはなかなかのもの、7000MB/S出たのは見たことがいまだない

dynabook B65が6900MB/Sまで出したのを見たのが最高数値、もっと性能の高いCPUなら7000を出せるかもしれないけど値段が高い

 i7の第二世代、第三世代は4000MB/Sも出せない

 i7の第四世代もたしか4000MB/S出せないのにi5の第四世代は4000MB/S普通に出る数値なのでそこが不思議

f:id:qtime:20191029172144j:plain

メモリはPC3L-12800S、同じメーカのメモリを使ったほうがいいのだけど

まあ、それほど気にすることはないと思う。下のメモリはSAMSUNGだけど上の黒いのはどこだったか?

一年前に4GBで2480円したPC3L-12800Sもこの前、新宿に買いに行ったら1380円になっていた。

B654のマウンターとB554マウンターは同じ 

f:id:qtime:20191029172346j:plain

上がB654でSamsung SSD 500GB 860EVO搭載、下がB554でキングストンテクノロジー SSD 480GB搭載 ↓

見た目はそっくりだけどTOSHIBAのロゴが少し違うB654は銀色

SSDの値段が860EVOが7040円、キングストンが5700円

立ち上がりどちらが早い確認してみた。

f:id:qtime:20191029172500j:plain

↓ 左がB554、右がB654で電源を同時に押してまずはB654が先にロゴマークが出てきた

f:id:qtime:20191029172543j:plain

遅れてB554がWindowsマーク あれ? B654はWindowsマークは?

と思ったがもう過去のことなのでなぜかはわからない たぶん写真の取り逃がし

f:id:qtime:20191029172638j:plain

B654は壁紙が出てきた!

f:id:qtime:20191029172712j:plain

遅れてB554も壁紙

f:id:qtime:20191029173705j:plain

 B654はWindowsが立ち上がった! B554はまだ壁紙

f:id:qtime:20191029173737j:plain

B554もWindowsが立ちあがり、ここまでの起動時間

B554が18秒、B654が10秒

 

f:id:qtime:20191029173816j:plain

 B654のほうが立ち上がりが速いけど、高性能CPUでHDDを搭載したパソコンよりはB554のほうが立ち上がりは遥かに速いのだ‼

商品名 東芝 dynabook B654/L
CPU インテル® Core™ i5-4300M プロセッサー 2.60GHz(最大3.30GHz)
GPU インテル® HD グラフィックス 4600 (CPUに内蔵)
(インテル® HD グラフィックス搭載)
SSD

Samsung SSD 500GB 860EVO 

Chipset モバイル インテル® QM87 Expressチップセット
メモリ 8GB/最大16GB
DDR3L-1600 PC3L-12800 SDRAM、デュアルチャネル対応
解像度 15.6型 ワイド高解像度TFTカラー液晶 FHD+ 1,920×1,080ドット
ディスクドライブ DVD-ROM
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識、Wake On LAN対応)
無線 IEEE802.11a/b/g/n/ Wi-Fi Direct 準拠
(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)
Bluetooth機能 Bluetooth® ワイヤレステクノロジー v4.0
サウンド インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠、
ステレオスピーカー、モノラルマイク
外形寸法 約379.9(幅)×253.9(奥行)×27.8~34.9(高さ)mm
総合重量 リチウムイオンバッテリ装着時:約2.4 kg
付属品 ACアダプター
   

 

スポンサーリンク