時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

LL750/H i7-3610QMとLL750/F i7- 2670QMのどちらの起動が速いの?860EVOを装着して電源入れてみた。

スポンサーリンク

 中古パソコン市場でなぜだかわらないけど人気のある謎のノートパソコンLL750

第二世代 Core i7-2670QM搭載の写真右側のLavie LL750/Fはハンバーガーように分厚いノートパソコン

おそらくYAMAHA製ステレオスピーカ内蔵[2W+2W(FR-Port方式搭載)]というYAMAHAのスピーカの音が非常に良いこと♪ 

ブルーレイが付いているのでBD対応のDVDも観られてCDも「いい音質で音楽が聴けるからではないか?」と思っているのだけどバカだからまったくの見当違いなのかもしれない( *^ω^)_θ バカに効く薬だぉ♪

 爆速で「HDDを使っていた人は驚くほどの速さを体感できます」という文章を見かけたのでふと  PC-LL750/H(右側)と i7 2670QM  LL750/F(左側)の電源を同時に入れてどちらが早く立ち上がるか?

 

ハードディスクからお馴染みのSamsung SSD 500GB 860EVOを換装して試してみた。

f:id:qtime:20191104134223j:plain

RAPIDモード」を有効にしたLL750/F i7 2670QMのベンチマーク

f:id:qtime:20191104140255j:plain

いつも思うのだけどi-5の2000番台、3000番、4000番台は500MB/sがどのSSDを使ってもほぼ出るのにi7の第三世代が284MB/sしか出せないのが不思議

↓「RAPIDモード」を有効にしていないLL750/Hのベンチマーク 

f:id:qtime:20191104225956j:plain

LL750/H、HHD 1TB搭載時のベンチマーク 起動37秒 シャットダウン16秒 

HDDにしてはまあまあという感想

 

ちなみにLL750/FはHDD750GB搭載時の起動88秒、シャットダウン16秒

さすがに88秒だとすごく遅く感じる。

同じ機種でも個体差、パソコンも人間のような性格を持ち合わせているのでどれも同じように動くということはない

このⅬL750/Hに搭載されていたHDD 1TB CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で調べたら稼働時間がゼロだった。新品? 1500~2000円で売れそう

f:id:qtime:20191104232045j:plain


動画ではなく写真なのでホントかどうかわからないだろ!というツッコミ、そこは信用してもらって電源オン

f:id:qtime:20191104134445j:plain

まずはLL750/HのNECのロゴが好スタート!

f:id:qtime:20191104135149j:plain

遅れてLL750/FもNECのロゴが立ちあがり後方からのスタート

f:id:qtime:20191104134540j:plain

おっと ここでLL750/HがWindowsマークを早くも仕掛けてきた! 先行逃げ切りで勝負を決めるつもりかあ!

f:id:qtime:20191104135217j:plain

LL750/Fが遅れてWindowsマークを出してきた。後方待機から差し切るつもりなのですか?

f:id:qtime:20191104135304j:plain

あっ どうしたことか! LL750/FのWindowsマークが先に消えたああああああああ! ( ´゚Д゚`)ンマッ!!

f:id:qtime:20191104135338j:plain

さらにLL750/Fは壁紙が出てきた!LL750/Hはまだ黒い画面のままLL750/FはここでLL750/Hを大きく引き離すつもりか! (*´・д・)(・д・`*)

f:id:qtime:20191104135428j:plain

なんと!LL750/Hの壁紙が立ち上がりきる前にLL750/Fにデスクトップ画面が立ち上がった! ( ゚Д゚)アラヤダ!!

f:id:qtime:20191104135554j:plain

LL750/F完全に立ち上がった! LL750/Hが壁紙の表示が出てきたところ

 

LL750/Fの勝ちタイム 起動13秒!

 i7 3610QM PC-LL750/Hより速い i7 2670QM Lavie LL750/F

f:id:qtime:20191104135651j:plain

LL750/Hもデスクトップ画面が立ち上がり終了

f:id:qtime:20191104135801j:plain

2台の起動時間、LL750/Hが起動17秒 シャットダウン7秒 LL750/Fが起動13秒 シャットダウン8秒

f:id:qtime:20191104135925j:plain

 LL750/HもRAPIDモード」を有効にして起動時間がどれぐらいなのか?

f:id:qtime:20191104232129j:plain

ベンチマークの数値は上がったが起動時間は起動16秒 シャットダウン7秒と変わらず 体感できる違いは感じられなかった。まあ機種は個体差があるから

f:id:qtime:20191106044251j:plain

パソコンも中古車のように当たりハズレがあり変わった動きをするものがある。

機械ものは必ずシステム通りに動くというよりクセがどこかにそれぞれある。新品でも時間がたてばクセが出てくるしスマホも同じだと思う。

持ち主なら「自分の機種のここにクセがある」ということを日常茶飯事で感じているはず

f:id:qtime:20191104140016j:plain

今回わかったことはLL750/Fは起動88秒から860EVOに換装したら爆速になったということ

88秒は遅すぎ体感的にイラッとした。

試験の制限時間1時間、先頭から答案用紙が順に配られる。どんな天才も5000席後ろに席に座っていたら最高のパフォーマンスは出せない

中央演算処理装置(CPU)がいくら天才でも答案用紙配られるのが遅ければ書けるのは...

人生巻き返しあるのみ! 

 

(´。•ㅅ•。`)ベストアンサーだね

 

  NEC Lavie LL750/F
CPU インテル® Core™ i7-2670QMプロセッサー 2.00GHz(最大2.90GHz)
GPU インテル® HD グラフィックス 3000 (CPUに内蔵)
(インテル® HD グラフィックス搭載)
HDD / SSD   Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証
Chipset CPUに内臓
メモリ 8GB/最大8GB
(PC3-10600対応 SDRAM、デュアルチャネル対応)
解像度 15.6型ワイド WXGA TFTカラー  軽量LED液晶(省電力LED)  1,366×768ドット
ディスクドライブ DVDスーパーマルチドライブ
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識、Wake On LAN対応)
無線 IEEE802.11b/g/n準拠
(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)
Bluetooth機能 -
USB USB 3.0×2、USB 2.0×3
サウンド インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠、ステレオスピーカー、
モノラルマイク、PCM録音・再生機能、MIDI音源機能
YAMAHA製ステレオスピーカ内蔵[2W+2W(FR-Port™方式搭載)]
外形寸法 約377.4(幅)×265.0(奥行)×38.7(高さ)mm
総合重量 リチウムイオンバッテリ装着時:約2.9 kg

 

  NEC Lavie LL750/H
CPU インテル® Corei7-3610QM
プロセッサー 2.30GHz(最大3.30GHz)
GPU インテル® HD グラフィックス 4000(CPUに内蔵)
(インテル® HD グラフィックス搭載)
HDD / SSD  Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型【PlayStation4 動作確認済】5年保証
Chipset CPUに内臓
メモリ 8GB/最大8GB DDR3 PC3-12800
解像度 15.6型ワイド WXGA TFTカラー  軽量LED液晶(省電力LED)  1,366×768ドット
ディスクドライブ ブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能付き)
LAN 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T(自動認識、Wake On LAN対応)
無線 IEEE802.11b/g/n準拠
(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2対応、WEP対応、AES対応、TKIP対応)
Bluetooth機能 -
USB USB 3.0×2、USB 2.0×3
サウンド インテル® ハイ・デフィニション・オーディオ準拠、ステレオスピーカー、
モノラルマイク、PCM録音・再生機能、MIDI音源機能
YAMAHA製ステレオスピーカ内蔵[2W+2W(FR-Port™方式搭載)]
外形寸法 約382(幅)×33.2(奥行)×270(高さ)mm
総合重量 リチウムイオンバッテリ装着時:約3,1kg

スポンサーリンク