時間とお金と乗り物のこと研究中

じぶんでやってる仕事と副業2つ 人に雇われて生きると人間関係がすごく大変なこと思い出しました

スポンサーリンク

B'zルーフトップ聴いてみた。「屋上からはまだ見えるかい」思わず濁り切った目で屋上を見上げて10代の頃を思い出した。

スポンサーリンク

B'zのアルバムDimosaurを買ってきてCHAMPを聴きまくっていたのだけれども
つぎに耳が止まったのはルーフトップ

ルーフトップとはなんぞや❓と思ったので
調べたら屋根 ルーフトップバーというのもあるのかと画像を見てみたら行ったことあった。知らないのは珍しい人種なのかもしれないひょっとして

ルーフトップを聴きたぼくなりの歌の中の物語の感想と考察をしてみる。

この歌に出てくる2人はすごく若いように思える10代かと思えるくらいに
そして切ない、自分がこの歌を聴くと10代を思い出したというのもあるのだけど

息を切らして夜のビル❓に忍びこんだかのように屋上から見える星はすごく綺麗なはずと信じて見に行こうと屋上に続く暗い階段を登る2人

屋上にたどり着くとそこには眩しいほどに夜空一面に広がる夜空の星に感激して歌っている君を抱きたけど、その状況に行動を起こす自信がないと言ったような心理描写だろうか。

「気圧され」という単語は初めて詩に使うものだよね!自信のない奥手な男を描くのは稲葉の十八番だと思う

ここから時が立ち、過去の回想になっているかのように

あのとき2人で屋上から見た眩しい星の輝きを、あのときと変わらず君は見えていますか、覚えてくれていますかと心の中で君に問いかけ、昔を思い出して回想している男のような情景が思い浮かぶ

行く先、進路を決めて最後に別れを告げられた。町を出ると笑った眼差しから、いつの間にか大人になっていた彼女を見てサボり過ぎていたとは

自分を磨くことをということだろうか。それとも彼女を大切にすることをだろうか。

日の出の朝の薄い闇の中で別れを告げて

「それ以来なにができるか探してる。」 自分も成長して追いつこうと思っても、なにをすればいいのはわからない、けど探してるよとそこにはいない君に向かい心の中で問いかけているよう

何回か2人で登った屋上、あの流れてるように泳ぐ雲を覚えていますか。あの頃と変わらず輝く星、流れる雲が見えていますか。

男は心の中で回想して何回も問いかける。
屋上での2つの場面を思い出しているように

優しい風の中で真っ直ぐとは告白したともとれる詩

星を見るために2人で屋上まで登ったときに密かに笑ったつもりが階段に響いてしまった。そのときを思い出しているような感じだろうか。

この詩の中に出てくる「眩しい星の輝き」「泳ぐように流れる雲」を使い2人の距離をうまく重ね合わせて表現しているように感じた。

屋上から手を伸ばしても雲には届かない いまの歯がゆい気持ち

気持ちが届かない、気持ちを掴みたいのにあの星や雲のように遠くて歯がゆい

優しい風から始まるところはこの曲の想いこめて歌うところだとぼくは思う。

稲葉がライブでこの曲を歌うと思うが優しい風のパートで観客は静まり返りじ〜んとなっているのは容易に想像できる。

うる覚えだが、たしか稲葉が東京に上京してその当時の彼女は三重で離ればなれのような自伝があったよね

その時の自身の体験を交えてルーフトップで表現しているのだろうと思った。

あの階段に響いているそのあとフレーズが若い頃を思い出させる曲だった。

B'zの曲の中で比較的に歌いやすい部類に入りうまく歌えるような気がぼくはする。

スポンサーリンク